占術の種類

占いというものは、基本的には統計学というれっきとした学問から答えを導き出す学問です。
占い師は占術という学問をそれぞれに修めている人と考えて良いでしょう。
占いとスピリチュアルなエネルギーなどを用いて、利用者のアドバイスなどをするヒーリングであったり、霊視といったものとをごっちゃにしている方もいますが、これらのものとは本体一線を画しているのが占術というものなのです。
ここでは占術について紹介をしていきましょう。

■占術の種類

様々な占い師さんがいらっしゃると思いますが、それぞれに修めている占術というのは違っています。
占術には大きく分けて3つの種類が存在しています。
一つは生年月日をもとにしてどのように生まれてきたのかということをヒントに占う命学というもの。
更に姿形を見てその系統からどのように在れば良いのかを占っていく相学。
最後にカードやサイコロなどの専門の道具を使い、偶然に現れたサインから運勢を読み解く卜術というものになります。

■それぞれの占術の特徴

前述にある占いの中で、命学には、四柱推命や西洋占星術。
他にも九星術や紫微斗数占いなどが代表的です。
相学は手相や姓名判断などの名相。
家相や地相、風水といったものが代表的です。
最後の卜術にはタロットカードや周易が代表的ですね。

■得意分野も把握しておこう

fers
ここでは種類をざっと紹介しましたが、どういった悩みにどの占いが適しているのかはある程度に把握できます。
ですから自分の悩みに見合った占術をチョイスしましょう。
いくら有名な占い師のもとを訪れたとしても、あなたが抱えている悩みによっては、その占い師に相談することが間違いな場合も少なくありません。
結果というものを重要視するのであれば、単純に有名だとか評判が良いという占い師のもとを訪れるのではなく、その占い師がどのような占術を使っているのかも確認してから利用したいところです。

■それぞれの占術の得意分野

占術には命学と相学、そして卜術が存在しています。
大きく分けてというジャンル分けですが、それぞれに得意な占いの分野というものが存在してますから覚えておきましょう。
命学の得意ジャンルは人物の分析や個人の個性や適正というものを見抜くことです。
運勢の推移についてのデータも保有しているため、ベストなタイミングを見つけることにも適しています。
相学に関してはその人の顔や名前、手相などを見て天地自然のことわりに適しているのかを占います。
また相を整えることによってもたらされるという考えを持っています。
卜術に関しては、事態の成り行きや二択三択で迷った時の結論を出す時に抜群の力を発揮するとされています。
明確な答えを導き出したいという時に使える占術になります。

■知っていれば使い分けが出来る

例えば人生の二択を迫られた時に人相学を選択するよりも、卜術を選択した方がより明確な結果を導き出せます。
このように占術には使い分けが必要ということです。
これを知ることによって、利用者側もある程度に占術の事をしることになり、占い師の判別にも役立つことになるのです。

求人募集

電話占いピュアリ≪http://offer.purely-inc.jp/≫
占い師募集
電話占いピュアリでは占い師を募集しております。

新着情報

◆2015/10/04
占術の種類の情報を更新しました。
◆2015/09/07
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/04/12
占いに対しての心構えを新規投稿しました。
◆2015/04/11
占い師のせいにする前にを新規投稿しました。
◆2015/04/10
占い師に相談する前にを新規投稿しました。